ザーレンヒストリー
創業から60年。オイル一筋。

 
ザーレン・コーポレーションは、1959年に創業者の門田照和が、近畿油化商社として個人創業したところから始まります。
翌1960年には近畿油化株式会社として法人化し、本格的にオイルの研究と販売に乗り出し、1963年に、ザーレンオイルの発売を開始しました。
ザーレンヒストリー
  
ザーレンヒストリー
ザーレンヒストリー
 
発売当時のオイル缶
発売当時のオイル缶
ザーレンヒストリー
  
創業者・門田照和
創業者の門田照和
(下段中央)

ザーレンオイルとして発売当時のオイル缶デザイン

ザーレンヒストリー
ザーレンヒストリー
ザーレンヒストリー

ザーレンソフトウエア戦略の始まり

日本で初めてエンジンオイルをキープして販売する「オイルキープシステム」が1975年に始まると、またたく間に全国に波及し、業界の話題となり、メディアでも取り上げられるまでになりました。創業者の門田照和は、全国を講演してまわり、ザーレンソフトウエア戦略の基礎を築き上げました。


ザーレン・ソフトウエア戦略の全国講演で声を上げる門田照和。

 
 ザーレンソフトウエア戦略の広がり

門田照和の功績は「ある経営者の生きざま」〜45度のソフトウエア戦略〜として書籍化され、さらに全国の整備業界の津々浦々にまで広がった。

ザーレン全国大会の開催(第1回・1982年)でさらに知名度アップ

ザーレンソフトウエア戦略に賛同する「同士」たちを表彰する第1回全国大会(1982年)を開催。翌1983年には「全日本ザーレン倶楽部連合会」が発足。初代会長に門田照和が就任した。

ザーレン全国大会
全日本ザーレン倶楽部連合会発足

数多くのモデルを採用し広告宣伝活動。オイル缶デザインも次々に発表

「オイルキープ」の浸透に欠かせなかったのが数多くのモデルを採用した広告宣伝活動。親しみやすさや、笑顔、斬新性などから選ばれてきた。

サビーヌ
サビーヌ
杉本彩
杉本彩
岡本かおり
岡本かおり
マリリン・モンロー
ザーレンオイル発売20周年記念缶
1985年のオイル缶

1989年から1992年までパリダカールラリーに「チームザーレン」で参戦

ザーレンオイルの優秀さを世界にアピールできる機会として、チームを結成。1990年の市販車改造部門で5位に。見事完走を果たした。

5位入賞の1990年
1991年ニジェールでリタイアだった。
1992年パリ〜モスクワ〜北京
マラソンレイド

1990年から1992年まで全日本プロトタイプカー選手権にで参戦

国内のレースでもザーレンオイルのサポートを開始。まずは全日本プロトタイプカー選手権に参戦。マシンはルマンで1986年に完走を果たしたNWB757MAZDA。全レースに完走を果たした。

NWB757 MAZDA
全国からザーレンオイルの
勇士が応援に。
レースなどの超高速走行専用
ザーレンオイル「Z-1」も
登場!
 

1994年にはオイル缶のデザインを一新!

1996年には創業者門田照和の死去にともない門田克弘が代表取締役に就任。
1999年には全日本ザーレン倶楽部連合会会長にも就任した。

門田克弘もカリスマ性を発揮し、新しいデザイン缶はじめ、自著の「自整業復権の法則」を発表。ザーレン・ソフトウエア戦略は自整業へますます広がりを見せた。

 
門田克弘と著書

1996年には国内最高峰の全日本F3選手権(フォーミュラニッポン)に参戦。
(チーム5ZIGENをサポート)

1997年にリニューアルされたオイル缶

1999年にクイックワークステーション発表!

2003年に近畿油化株式会社からザーレン・コーポレーションに社名変更。
全日本F3選手権にも参戦。ThreeBondチームをエンジンオイルでサポート。
このサポートは2019年の現在も継続。

2007年自動車用エンジンオイルの販売システムで「オイルキープ」が特許取得

特許証を手にする門田克弘

2013年新世代エンジンオイル「ザーレン・ガイア」誕生!

創業60周年を迎えるにあたり2018年11月に、全国の勇士が集う記念式典
「ザーレン全国勇士の会2018」を開催。
同時に60周年記念缶も発売。