パルサールブPLC

PLCによってコントロールされる高性能自動給油器

パルサールブPLCは、PLC計装制御システムにおいて遠隔モニタリングが可能で、最適な潤滑効率を実現します。


特徴

○PLC(プログラマブルロジックコントローラ)からの信号により、グリースをプログラムされた通りに供給します。
○不具合が発生した場合は、LCD画面への表示だけでなく、警告灯・PC・ディスプレイパネルで確認できます。
○ポンプ方式で正確に給油します。
○遠隔給油(最大10m)、分配給油(最大8分配)ができるオプションをご用意しています。
○最大60kgf/cm²の吐出が可能です。

仕様

型番 PLC60 PLC120 PLC240 PLC480
グリース容量 60cc 120cc 240cc 480cc
使用環境温度 -20~60℃
作動圧力 常用圧力:30kgf/cm²
最大圧力:60kgf/cm²
設定可能な使用期間 マンスタイプ:1ヶ月~12ヶ月(12パターン)
インターバルタイプ:1~6モード
装着の目安 遠隔設置:10m以下
マルチ給油:6m以下
使用する配管の直径(外径):6mm
電源装置 9~36V DC(DC/DCコンバータも使用可能)
出力信号 最大1A(警告灯用)
吐出制御方式 マンスタイプ/インターバルタイプ
吐出量 マンスタイプ:0.34cc/ストローク(@20℃)
インターバルタイプ:0.34cc×選択したモード(@20℃)
バージモード(テストモード)での吐出量 2cc(6ストローク)

仕様

マンスタイプ インターバルタイプ
当該機械のOFF時間は除いて、既存の自動給油装置と同じように設計された給油モード(月数)によって自動的に給油する製品(既存のMSP-VDC製品と似ています。) 給油が必要な時に自動給油装置に給油信号を送り、任意の時間(インターバル時間と設定したモードプログラム)自動的に給油する製品(必ずPLCシステムでのみ動作可能)
給油サイクルは、設定された月数に基づきCPUが設定 給油サイクルは、PLCプログラムによって設定

PLC(マンスタイプとインターバルタイプ)の結線方法

マンスタイプは、パルサールブPLCに設定した期間に基づき、定期的にグリースを給油します。
インターバルタイプは、PLCプログラムにより設定した時期に、指定の量のグリースを自動的に給油します。

※1回の吐出量は0.34cc

PLC(マンスタイプとインターバルタイプ)の結線方法

部品の詳細

パルサールブPLC部品の詳細

クイックハイ

0120-091981

※受付時間9:00~17:30(土日祝を除く)
【携帯電話やIP電話などつながらない場合】

→ 06-6314-0919

→ 主な取引代理店はこちら

メールでのお問い合わせ