HOME > ザーレンオイル > レースレポート2018

『スリーボンドレーシング』レースレポート

全日本F3選手権2018(第13~14戦・第9戦/岡山国際サーキット)

『スリーボンドレーシング』レースレポート

 9月8⽇(土)〜9⽇(日)、全⽇本F3選手権・第6大会(第13戦、第14戦、第9戦)が、岡山県岡山国際サーキットで開催された。
 今大会は、7月の第4大会が台風に見舞われ順延となった第9戦の代替戦を含む3レースで行われ、公式予選で記録したベストラップタイムで第13戦、セカンドラップタイムで第14戦、第13戦決勝レースの順位で第9戦のスターティンググリッドを決定する。


公式予選

『スリーボンドレーシング』レースレポート 9月8日(土)は朝から雨が降り、ウェットコンディションとなったが、前日にまとまったドライセッティングをベースに車高のみを上げて公式予選に臨んだ。
 笹原は当初から好タイムを記録して上位につけるが、セッション開始後13分でコース上に停止車両が発生したため赤旗で中断された。この時点で笹原は1分38秒526で2番手につける。
 午前9時22分、残り8分でセッションが再開されて再びタイムアタック合戦が始まった。笹原の順位は徐々に下降していったが、遅れてアタックを始め、タイムを一気に短縮、再び2番手へ返り咲きセッションを終了した。この結果、第13、14戦ともスターティンググリッドは2番手と決まった。

第13戦 決勝

『スリーボンドレーシング』レースレポート 9月8日(土)、午後2時10分から18周の第13戦決勝レースが始まった。ウェットコンディションながら雨は一時的に止んでいる状況でコースインしたが、スタート前にはまた雨がパラつき始めた。チームはレース中天候が悪化する方向にあると判断、スターティンググリッドで車高とタイヤ内圧を高めに変更した。
 濡れた路面でのスタートは初めてだったが、スタート合図とともに笹原はうまく加速、ポールポジションの選手の背後につけ、2番手のポジションを固めてレースを始めた。
 タイヤから高く水しぶきが上がる状態で2番手を走る笹原は、視界を確保するためラインを変え様子を見るが、3周目のダブルヘアピン、レッドマンコーナーで止まりきれずにオーバーラン、コースへ復帰したもののポジションを4番手に下げた。
 レース後半、天候はチームの予想を裏切って悪化することはなく、コースコンディションは徐々に好転した。セッティングが外れたこともあり、笹原のペースは上がらず後方から追撃を受けることになった。
 10周目の第1コーナーで笹原は一旦ポジションを落としたが、同じ周に2番手選手がコースアウトしたため、ポジションは4番手のままレースを続け、4位でレースを走り切ってチェッカーフラッグを受けた。

第14戦 決勝

『スリーボンドレーシング』レースレポート 9月9日(日)は朝から雨が降り、コースはヘビーウェットコンディションとなった。審査委員会は、悪天候を考慮し25周のレースを18周に短縮して開催することを決めたが、スタート時刻になっても雨は弱まらず、セーフティカースタートとなった。
 3周のセーフティカーランの後、グリーンフラッグが降られレースが始まった。悪コンディションの中で順位を入れ替えるには、グリーンフラッグ後の1コーナーしかないと笹原は判断し、先頭に迫った。しかし順位を入れ替えることはできず、2番手につけてレースを続けた。
 走行するとタイヤから高く水しぶきが上がる状況の中、笹原はじりじりと先頭に引き離されていったが、後続との間隔も少しずつ開き、水しぶきの中で単独走行することになった。
 レース終盤、雨はさらに強まり、モスSコーナー近辺の路面には川が流れてハイドロプレーニングが発生、水に乗ってコントロールを失うマシンを抑え込んで走行を続けた。その後、コースコンディションが悪化したとして16周終了の段階で再びセーフティカーがコースイン。レースは先導走行のまま2周してフィニッシュし、笹原は2位入賞を果たした。

 第13戦で4位、第14戦で2位に入賞した笹原は、それぞれ3点、7点のシリーズポイントを獲得、ポイント通算36とし、ドライバーランキングは4番手へ上昇、チームランキングは3番手を守った。
 なお、夕方に予定されていた第9戦代替戦は、悪天候のため第6大会における開催は中止となった。

 
スリーボンド