HOME > ザーレンオイル > レースレポート2017

『スリーボンドレーシング』レースレポート

2017年全日本F3選手権シリーズ第9戦で今季3度目の優勝!

『ThreeBond Racing with DRAGO CORSE』全日本F3選手権

5月27~28日、全日本F3選手権シリーズ第4大会(第8戦、第9戦)が、岡山県「岡山国際サーキット」で開催された。第3大会終了時点で『アレックス・パロウ』はドライバーズポイントランキングでトップと11点差の2番手、『ThreeBond Racing with DRAGO CORSE』はチームポイントランキングでトップと10点差の2番手につけている。26日に行われたF3専有走行では総合トップタイムを記録して第4大会に臨んだ。

 


公式予選

『ThreeBond Racing with DRAGO CORSE』全日本F3選手権岡山は快晴で路面はドライ。パロウはコースオープンとともにコースへ飛び出し第8戦公式予選のタイムアタックにかかった。

予選は、シリーズポイントランキングでライバルの高星選手とのタイムアタック合戦になった。
チェッカーフラッグが振られる直前の段階でパロウは2番手だったので、最終ラップにプッシュをかけてポールポジションを狙った。しかし短いコースは混雑していて思い通りのラインを走ることができず、わずか0.09秒差で2番手に終わった。

インターバルを経て始まった第9戦の公式予選では、パロウは ウォームアップを終えるとトップタイムを記録、その後自身のタ イムを自分で更新しながらライバルを近寄らせず、そのまま第9戦のポールポジションを獲得した。

第8戦 決勝

『ThreeBond Racing with DRAGO CORSE』全日本F3選手権岡山国際サーキットの上空は、薄い雲が流れるものの晴れ。路面はドライコンディションで、パロウは2番グリッドからトップへ躍り出ようと狙っていた。

実際、合図とともにうまくスタート、トップの後ろにつけると3番手を引き離しながらレースを進める。
ところが2周目、パロウにジャンプスタート(レッドシグナルが消灯する前に動くこと)の裁定が下り、ドライブスルーペナルティが課せられた。このときチームスタッフは何が起きたのか理解できなかったが、レー ス後に車載カメラで確認したところ、スタート直前にエンジンが高回転したことによる振動で、本人も気付かないほどごくわずかにタイヤが動いてしまっていた。

パロウは3周目にドライブスルーを行い、12番手でレースに復帰した。ペナルティを消化したパロウは、トップの選手とほぼ同じペースで追い上げを開始。周回遅れの選手を抜きながら順位を上げていったが、18周のレースを終えた時には8位まで上げるのが精一杯だった。
レース中のベストタイムでパロウを上回ったのは、優勝した高星選手のみであったが、今シーズン初めて無得点でレ ースを終えることになった。

第9戦 決勝

『ThreeBond Racing with DRAGO CORSE』全日本F3選手権翌28日、岡山国際サーキットの上空は朝から晴れ渡り、気温も路面温度も上昇していった。

午前10時53分、第9戦のスタート進行が始まった。しかしスターティンググリッドに着くためにコースインした際、クラッチに問題があることがパロウからの無線で判明。スタート直前のことで、メカニックたちはグリッド上で慌てて対策にとりかかる。

しかし見守るチームの心配をよそにパロウは好スタートを切ってトップに立ち、背後に宮田選手を従えてレースをスタートさせた。
後方3番手以降はラップを重ねるごとにじりじり離れていったが、宮田選手は背後について追撃を続け、緊迫した状況が続いたが、パロウには余裕があった。
「今日はこれだけ暑くなってレースも25周と長いから、絶対にリヤタイヤが消耗する。それを考えてリヤタイヤをケアして走れ、少しマージンができたら、その後はタイヤマネージメントしなさい」とレース前に指示されていた。

『ThreeBond Racing with DRAGO CORSE』全日本F3選手権パロウはこの指示通り走り、4周目にレース中のファステストラップ、1’23.144を記録して2番手との間隔を1秒弱とすると、その間隔を維持しながら周回を重ねる。19周目には周回遅れが前方に現れたが、これをうまくかわし、パロウは結局そのままトップでチェッカーフラッグを受け、今シーズン3回目の優勝をポール・トゥ・ウィンで飾った。

この結果、パロウはポールポジションポイント1点、優勝ポイント10点、合計11点のシリーズポイントを獲得し、シリーズ第9戦終了時点のドライバーズポイントランキングでトップと15点差で2番手を守った。また『ThreeBond Racing with DRAGO CORSE』もチームポイントランキングでトップと13点差の2番手を守った。

 
スリーボンド
 
『ThreeBond Racing with DRAGO CORSE』全日本F3選手権
『ThreeBond Racing with DORAGO CORSE』への応援、よろしくお願いいたします!