オイル交換Q&A

車のオイル交換について、よくいただく質問と回答をまとめました。
商品についてのご質問や、その他お問い合わせは下記までお願いします。

エンジンの金属表面の保護や金属同士の摩擦を軽減するためです。

潤滑作用
擦れ合う部分や回転する部分の動きを滑らかにし、摩擦や摩耗を減らします。
                           
冷却作用
燃焼や摩擦によって発生した熱を吸収してエンジンを冷却します。
                           
密封作用
シリンダーライナーとピストンリングの隙間を埋めシリンダーを密封することで、燃焼(爆発)の圧力(エンジンパワー)の漏出を防ぎます。
                           
防錆(ぼうせい)作用
燃焼により発生する水分や酸を中和し、エンジンを錆や腐食から守ります。
                           
清浄作用
燃焼による生成物やオイルの劣化物の成長や堆積を防ぎ、エンジン内を綺麗に保ちます。
 
自動車メーカーは必要最低限の性能を保つことができる距離を、エンジンオイルの交換距離として推奨しています。
エンジンのためには、早目の交換をおすすめします。
また、シビアコンディション(※以下参照)では、通常より短いサイクルのオイル交換距離を推奨しています。

エンジンオイルは、走行するにつれて燃料と一緒に燃やされて排出されるため、徐々に量が減ってしまいます。
一回の走行で消費されるエンジンオイルの量はごく少量ですが、車種や走行状況によって変わります。
量が減りすぎるとエンジンやその他周辺機器のトラブルが発生する危険性もありますので注意が必要です。
厳しい運転条件(悪路、山道、登降坂路、急加減速の繰り返し、エンジンの高回転使用頻度が高いなど)での走行は、通常と比べてエンジンオイルの消費が早くなることがあります。
このような運転の頻度が高いと、1,000kmの走行で0.5~1リットルを消費することがあります。

オイルの硬さや軟らかさを、一般的にはSAE粘度分類で表します。
SAE粘度分類は低温環境と高温環境の2つのグループに分け、低温環境には「W」を付けて区別しています。
さらにそれぞれのグループ内で細かに分類しています。
かなり古いエンジンでは冬期はW付、夏期はWなしのシングルグレードを指定することがありましたが、現在では通年で使用できるようW付とWなしを組み合わせたマルチグレードが主流となっています。
 
オイルのグレード表示について

エンジンオイルとギヤオイルの性能品質グレードです。
耐久性や保護、清浄性から排出ガス規制対応まで細かく規定されています。
エンジンオイルはガソリンエンジン用とディーゼルエンジン用があります。
ガソリンエンジンはSAから最新のSNまであります。
ディーゼルエンジンはCAから最新のCJ-4まであります。

ガソリンエンジン用オイルの性能品質グレードのひとつです。
APIサービス分類と同様に耐久性や保護、清浄性から排出ガス規制対応、省燃費性まで細かく規定されています。
GF-1から最新のGF-5まであります。

ザーレンオイル
ザーレン・ガイア ラインナップ
ザーレンのオイルキープシステム
ザーレンのサービス
キャンペーン情報
オイル交換 Q&A
ザーレンユーザーの声
ザーレン指定販売店一覧
ザーレンオイル取扱店の募集
ザーレンメンバーズプラザ
ガイア・バッテリー
ガイア・シャインシステム
ザーレン指定販売店一覧
お電話でのお問い合せ TEL:0120-091-981
メールでのお問い合せはこちら