大会名
タクティカル・ダートアタック 2021年シリーズ
第1戦 

開催日:2021年6月20日(日)【2021.5.16振替開催分】
クラス:アンフィニークラス無差別クラス
ドライバー:森川金也 (有限会社フォーズファクトリー)
結果:2回戦敗退

 今回の大会のエントリー総台数は29台。私が参加したアンフィニークラスは14台の勝ち上がりトーナメント方式でのガチンコ対決でした。1回戦は、弊社のパジェロミニ(改造車)が勝利。2回戦は、2019年シリーズチャンピオンのスズキエスクードとの対戦でしたが、僅差で敗退となりました。結果、このエスクードが決勝まで勝ち上がり優勝しました。
 次回の大会は7月11日です。弊社のこだわりがあり、通勤で使用している"パジェロDiesel(オートマチック)"でチューニングマシーンの上に立つことを目標に車輌の見直しとチューニングを行い、更なる進化をさせて臨みたいと思います。
 
当日天候:晴れ 午前10頃 気温25℃ 
コースコンディション:ハーフウエット後ドライ
走行時 
エンジン 油温最大100℃
A/T    油温 70℃ (オイルクーラー電動ファンON)

 Δ-xを使用しました。油温の上昇もなく、エンジン音、水温は常に安定していました。今回の競技会は、タイムトライアル制で約1~2分程度の走行となりますが、問題は感じず、安定した良いオイルだと思います。
 次回の大会は、気温も上昇し、上位に進むにつれて、連続走行になりますので、テストを行います。